男女の恋愛観の違いが生む誤解の解消方法

男女間の恋愛に関する違いを理解するのは人類の永遠のテーマではないかと思うほど明らかに異なる恋愛観を持ち合わせています。それでも恋愛をする男女の恋愛観についておはなしします。

男女の恋愛観の違い

「付き合うことが決まってから冷たくなった」、「何かにつけいろいろと聞いてくるのでうざい」など男女間のトラブルの原因はどれも似た内容になっています。では、なぜ似たような原因になるのかというと、男女の連らいに対する考え方が違うから。

恋愛観が違うのになぜ男女で付き合うのかというと、一時的に男性が女性の理想の男性を演じているからです。演じているというと聞こえは良くないのですが、意識して演じているわけではなく、一生懸命さが生み出したものといえます。

一時的に女性の理想の男性像となった男性から告白されて恋に落ちない女性はそう多くはないと思います。この一時的な現象がもとで恋愛観の違う男女の恋愛がスタートします。

この状態はある意味「恋は盲目」状態なので目の前に男性はいいふうにしか見れません。しかし、男性は、自分の都合で優しくしたり、突き放したりする生き物です。よく言われるのが、男性は付き合う前は連絡もまめにするし、愛の言葉もささやくけど、付き合いが始まると付き合い前の態度からは一変し、連絡も自分からすることなく、愛のささやきも減るという話です。

この例はまさに男性の素の姿を表していると言えますが、この素の姿を知らない女性は、付き合ったあとの男性の言動に不安になったり、幻滅したりします。

一方、女性は好きになると常に一緒にいたくなるといわれています。付き合う前はそっけないと思っていた女性が、付き合い始めると常にベタベタしてくるのはこのあらわれともいえます。

このいつもいっしょにいたいと思う気持ちは、ときに男性に過度のプレッシャーを与えることになります。休日に会うことが当たり前と考えている女性は、男性がたまには一人で過ごしたいという気持ちが見えないので、一方的に二人で出かける予定を入れたります。

最初は、応じている男性も息抜きができない日々が続くことから徐々に会うのが面倒になり、嘘をついて会うことを避けるようになります。会えない日が続いてくると女性はなぜ会えないのか質問します。質問といえば聞こえがいいのですが、詰問します。

さらに会うことを避けるようになる男性は、言い訳もせず女性に会うことをしなくなります。こうなってしまうと女性は男性が浮気をしているのじゃないかと疑うようになり、さらにプレッシャーとなるなど悪循環に陥ってしまいます。

すべての男女がこのような悪循環になるわけではありませんが、悪循環になる多くの原因は、男女の恋愛観を理解していないことによる些細な誤解から始まっているといえます。

恋愛を楽しむこともが大事

楽しむというのは、相手のことに興味持つということです。「なぜそんなこというんだよ」→「なぜそうなこと言うんだろうか?」という感じで思考を変えるだけでも誤解は減ります。

ちょっと考えて欲しいのですが、「今のあなたの考えや行動は相手のためになっていると思いますか?」。もし、思っていないという方は、前述の思考になっている方なので、その気持ちをそのまま相手に話してみてください。

思っているという方にさらに質問ですが、「そう思うのは相手に云われたからですか?」。この質問にYESと言える方の多くは、少なくとも自分のさまざまな思いを相手に伝えて理解してもらっている方です。

NOと答える方は、まずは”相手が”何を望んでいるのかを考えてみてください。考えても答えは出ないはずです。なぜなら、相手の考えがわかっていないから。冒頭から説明しているように相手を知らなければ誤解を生みます。

男女の恋愛観の違いを解消するカギは「相手を知ること」

恋愛に限らず、人と付き合うときは相手の考えを知ることはとても重要です。SNSが発達した現在は、この相手の考えをバーチャルで知ろうとします。ただ、バーチャルはバーチャルであって、本心かどうかは”わからない”のです。

相手のことを知るためとはいえ、突然、「食べ物は何が好きですか?」「休日は何をしていますか?」なんて聞くのは逆効果です。そのために情報収集をSNSで、その確認を本人にというのが理想といえます。

今回おはなししてきた男女の恋愛観の違いもまずは男女の考え方の違いを理解して、その違いがどう違うのかを本人に確認してみることとなります。ここまでおはなしするとお気づきの方もいると思いますが、「相手を知ることは相手を思いやること」です。

ただし、自分本位な思いやりは、相手にとっては「おしつけ」になることはいうまでもありません。