足裏マッサージで健康を手に入れる

仕事や遊びで疲れた体を癒したいときに手軽にできる足裏マッサージ。お風呂の中やお風呂上り、テレビを観ているときなど、なにかをしながらできるのでおすすめです。

足裏マッサージとは

そもそもなぜ足裏マッサージがいいといわれているのか。実は、足の裏には、たくさんのツボがあることから、第二の心臓とも呼ばれていて、足裏を刺激することで体の代謝を促進させる働きがあるといわれています。

テレビで見かける足裏のツボを押すと悶絶するシーン、まさに老廃物がたまってて固くなっているからといわれています。テレビの場合は多少オーバーなところもあるかもしれませんが、痛みがあるということは、老廃物がたまっているということになります。

足裏マッサージの種類

指や棒でツボを刺激する指圧的要素の強い日本式のマッサージだけではなく、リラクゼーションに比重を置いたアロマセラピーと融合した「イギリス式」、下腿マッサージもあわせておこなうなどメディカルフットケアと結びついた「ドイツ式」、手の指でツボをもみほぐしていくツボ的療法が結びついた「台湾・中国式」などがあります。

どれがいいというのはないので、自分に合った方法を試してみましょう。

いつするのが効果的か

疲れからくるコリや代謝が悪い部分をほぐすことから、就寝前にするのが一般的です。できれば、お風呂の湯船につかったときやお風呂上りにおこなうと効果的でしょう。足裏には、安眠、リフレッシュできるツボもあるのであわせてマッサージすることをおすすめします。

マッサージの時間は、特にないのですが、10分くらいおこなうのがいいでしょう。ただし、湯船につかってする場合は、のぼせたりしないよう気を付けてください。

マッサージの方法

一方の足をもう一方の足の上に乗せる形で足をセットします。両手で足をつかむように持ち親指で足の裏をもみほぐしていきます。指先よりも親指の第一関節を使うと強めにもみほぐせます。

足裏だけではなく、足の指も親指でもみほぐします。このとき手の指を足の指の間に入れておくとマッサージする足の指が固定されるのでしっかりマッサージできます。

足裏にあるツボマップ

足裏にあるツボを確認してツボを意識してマッサージすると効果が上がります。昨日食べすぎた、最近肩こりがひどいなどにあわせてマッサージする箇所を追加しましょう。

簡単にできる足裏マッサージ

手軽にできる足裏マッサージいかがでしょうか。
マッサージに行ったり、健康器具を購入することでもマッサージはできますが、時間がない場合など手軽にできる方法もあります。手軽にマッサージして健康な体を手に入れてみませんか。