理不尽とうまく付き合えば余計なストレスから開放される

仕事や友人との関係で使われることが多い「理不尽」ということば。なんとなくニュアンスではわかるものの意外と知らなかったりします。今回は「理不尽」についておはなしします。

理不尽とは

理不尽とは、理にかなわないことを言われたり、道理に合わないことをされたりすることです。別の言い方をすると八つ当たりとなります。自分は何も悪くないのに突然怒られたり、文句を言われたりなど納得できないことをされることが理不尽といいます。

ただし、状況によっては、理不尽ではなく、「わがまま」や「自分勝手」ととられることもあります。この違いはあいまいですが、いろいろな立場の人の話を聞いたときに半数以上の人が賛同してくれれば理不尽と考えてもいいと思います。

理不尽なことの例

理不尽というと代表的なのが、「上司にわけもわからず怒られた」「先輩に無茶な要求をされた」などになります。具体的には、「取引先のミスなのに自分が上司に怒られた挙句、その取引先に謝罪に行かされた」や「せっかくの休日に呼び出されて暇つぶしに付き合わされた」などとなります。

理不尽な上司の対応

前述の例のような”仕事上”で感じる理不尽なことは、社会人になると誰もが経験しているのではないでしょうか。特に「上司」との間で感じる理不尽は多岐にわたり、場合によってはストレスとなることもあります。

ただし、良くも悪くも理不尽な上司はどこにでもいます。理不尽なことを気にするよりも、理不尽をどう受け流すかに頭を使うべきかもしれません。というのも人の理不尽に理由があったとしても、その理不尽を理解することは困難だからです。

それなら、どんな理不尽なことを言われても怒りを買わない程度に受け流す術を身につけるほうが、精神的にもプラスになります。

 

エイジスト