転職時の面接でのメンタルの不安を減らす3つのポイント

転職時にはさまざまなことで不安を抱えることになりますが、面接に関する不安は多くの方が口にしますが、年齢や回数は関係ありません。では、どのようなことでメンタルが不安になるのでしょうか。今回は、転職時の面接でのメンタルの不安を減らす3つのポイントについてお話します。

ポイント1:転職時の面接の選考基準を知ることでメンタルの不安を和らげる

転職活動をしている方で意外と意識していないのが転職先の選考基準に関することです。ここで言う選考基準とは、学歴や資格だけではなく、フィーリングや縁と言われる目に見えない基準の話です。

目に見えないので対策のしようがないように思うかもしれませんが、過去の面接を参考にすることで見えてきます。なかでも面接で不採用になった場合は、先でお話したフィーリングや縁が関係しています。理由は、転職の面接は、職歴を考慮して選んでおこなうことが多いからです。

その上で不採用となるのは、職歴は問題ないけど雰囲気が暗い、雰囲気が社風に合わないなどによる理由で、少なくとも職歴で落とされているわけではないということは言えます。そう考えれば、面接前に必要な対策もかなり絞れると思います。

そのことから、人と話すときに人からどう見えているのか、話し方はどうなのかを友人や同僚などに聞いてみると解決の糸口が見えることがあります。聞いた方の多くが話し方も雰囲気も問題ないということなら、考えられるのは先方の面接官の好みということです。

ポイント2:転職時の面接でメンタルが弱いと感じるとき

圧迫面接や意地悪な質問など面接時に不快と感じることがあります。そもそもなぜ圧迫面接などがあるのでしょうか。理由は、入社後に起こりうるトラブルにどのように対応するのかを見極めているからです。

ビジネスの場では、しばしば理不尽な場面に出くわします。圧迫面接をするのは、そういう場面に遭遇したときに、どのような態度を取るのかを図っていると言えます。

ポイント3:転職時の面接でメンタルを保つためには早期内定が一番

転職時のメンタルの安定を保つためには、当たり前のことですが、早期に内定を得ることが一番です。そういう意味でも、早期に内定を取れるように、前述の2つのポイントを確実にクリアすることです。

さらに、前職の経験を活かして企業分析をし、履歴書や職歴をブラッシュアップすることと面接で話す内容を十分に検討することです。

これらのスキルがないと感じているなら、転職エージェントに依頼するのも1つです。転職に関してのノウハウは豊富なので自分のいい面、悪い面を知るにはもってこいの存在です。




転職自体がメンタルを不安定にさせるものと認識しておく

今回は、転職時の面接でのメンタルの不安を減らす方法についてお話しました。
転職するというだけでもメンタルは不安定になります。その上、面接など気を遣うイベントが目白押しです。また、現職に内緒で転職活動をしている場合は、さらに気苦労が増えてくるなど、メンタルはかなり疲れてきます。

そのためには、できるだけ早く内定を得ることが一番ですが、そのために準備も重要です。今回のポイントを抑えて、転職時のメンタルの不安を軽減して、面接に望む環境を作りましょう。