愛を感じなくなったときにすること

「最近彼の態度変わった」や「俺、彼女のなんなんだろう」なんて感じていませんか。明らかに態度が変わっていれば聞くことができるもののかすかな変化の場合は聞くこともできずという方は多いと思います。今回は、恋人との付き合いの中で必ず訪れるちょっとした危機を乗り越える方法を考えてみたいと思います。

そもそも関係が悪くなっているのかを考える

恋人の態度が変わったと感じるときは自分か相手かの違いはあるもの何かしらの原因が考えられます。その原因の多くは取り越し苦労に終わるものですが、本人は取り越し苦労と思えずに突き進んでしまい最悪の結果に至るということが多々あります。

考えなければいけないこと

一度不安になってしまうと払しょくするのは難しいのですが、最悪の結果を招かないためには、冷静に考えることが大事です。考える内容は、「そもそも関係悪くなっているのか」ということ。簡単に聞こえるかもしれませんが、意外と忘れていてどうしても「なんで変わったの?」「俺なにかしたかな?」と考えてしまいます。

関係を信じることが大事

ところで質問ですが、恋人との関係を続けたいですか?YESならこれからいうことをしっかりと考えてみてください。大事なのは「関係を疑うこと」ではなく「関係を信じること」です。意外と忘れているのでもう一度言います。「関係を信じること」です。

関係を信じるためにするべきこと

言葉では簡単なことですが、関係を信じるのは言葉ほど簡単ではありません。信じることができるためにやらなければいけないことはたくさんあります。ここで流行らなければならないことを紹介します。

感情で結論を出さない

感情で結論を出さないためには、冷静になる方法を考えておくことが大事です。カフェで一人で考える、海を眺めながら考えるなど自分に合った方法で構いません。冷静に客観的に考える時間を作って、早急に感情で結論を出さなければいいということです。

ただやみくもに信じようとしてもダメ

「関係を信じること」が大事という話をしましたが、さまざまな不安をしっかり解消しておかないと信じることはできません。そこでまず考えなければならないことは、抱えている不安を解消すること。何が不安なのか、どうすればその不安は解消するのかをしっかり考えることです。

恋人に話すときは二人きりにならない場所で

何が不安なのかがわかったらその不安を解消する方法を考えましょう。場合によっては恋人に話をしなければならないのでどう話すか考えておくことも必要です。話すときはできればカフェや昼間のレストランなどある程度の騒音がある場所がおすすめです。というのも二人きりだと話しづらくなります。

理解してもらうのではなく伝えることが大事

話すときはできるだけ感情を抑えて話すようにしましょう。大事になことは自分が不安だと思っていることを伝えることです。おそらく数回は話す必要があります。最初は、理解してもらおうとは思わないことです。理解してもらうのはもっとあとの段階です。

相手に伝わる形で伝える

実際やってみるとわかるのですが、いろんな話をするうちに理解できているものです。何が言いたいかというとどんな形でもいいので「相手にわかる形で」不安な気持ちを伝えることです。”気づいてくれる”とか”わかって”では伝わらないということです。

備えあれば患いなし

何でも話せる仲というのは現実的ではありませんが、肝心なことは話す仲になるべきです。そのためには、普段から話せる場所でいろんな話をしておくことです、逆の言い方をするといつも話をしている場所で話をするべきです。そういう二人の時間も作っておきましょう。