足の臭いの原因と防ぎ方

足の臭いというと男性に多いイメージですが、実は女性のほうが悩んでいる方が大勢いるようです。今回は、足の臭いの原因と対策を紹介します。

足のにおいの原因は?

女性に多い原因の一つにブーツや熱がこもる靴や汗を吸収しないストッキングが挙げられます。この熱や汗によって流れ出た古い角質を細菌が分解することで臭いが発生すると考えられています。

洗っても臭いが取れないのはなぜ?

では、足を洗って汗や細菌を洗い流せば臭いがしなくなるのかというとそう単純な話でもありません。というのも、指の間や爪の間などが洗えていないことにより、細菌が繁殖している可能性もあります。この指の間や爪の間は細菌が好む場所なので、垢や角質を落とすように指の間や爪の間もしっかり洗うことが大事です。

病気の可能性も

さらに、どんな対策をしても臭いが取れないときは、体に何らかの病気がある可能性があります。というのも、体から出る臭いは体の不調や病気の場合が原因の場合があるからです。なかなか臭いが消えない場合は、素人判断せず専門家に診察してもらいましょう。

足の臭い対策は?

基本的には、入念なフットケアになります。殺菌効果のある石鹸等できれいに洗うこと、爪を切ること、古い角質や垢をしっかり落とすことなどです。過度の保湿は最近繁殖の温床になるので、できれば保湿効果のある石鹸は避けたほうがいいかもしれません。

靴対策も必要

足が蒸れることがなく、素足で履ける靴となるとサンダルが一番なんじゃないかと思います。しかし、仕事の関係でそう簡単にはいかない場合もあるでしょう。ということで、仕事勤めの女性でもできる靴対策を考えてみたいと思います。

すでに述べたように、臭いの原因は、古い角質と細菌なので、靴を履いた時でもこの二つを防ぐ方法を考える必要があります。ひとつは、靴を清潔にすること、もうひとつは、乾燥した足の状態を作ることです。

靴を清潔に保つためには、最低でも3足の靴をローテ―ションで履くこと。さらに晴れた日には、天日干しなど靴の中の細菌が死滅する対策をします。

乾燥した状態を作るのは、かなり大変なことですが、市販のケア商品で対応できます。スプレーやシート、クリームなどを使いできるだけ乾燥や清潔な状態を作ることが大切です。

即効性のある対策

外出先でもできる方法には、トイレや休憩室で汗ふきシートやウエットタオルで拭く、靴下を履き替えるなどのほか、デオドランド商品を使うのも有効です。また、自分でできる方法では、ミョウバン水を作って、スプレーボトルに入れ、外出先で足に吹きかけるというのも有効です。

夏だけではなく冬の間もケアが必要

あたたかくなると素足になることも多くなり足の臭いが気になってきます。汗をかいて湿気を帯びるという意味では冬の靴の中以上です。外出先で不安にならないためにも携帯できるものを持っておくのは大事なのかもしれません。また、角質を取り除いたり、爪をきれいにしておくなど日ごろからのフットケアが大切。しっかり備えをして臭いのない足を維持してみませんか。